採用情報

PRIDE for WORK. PRIDE for YOURSELF

卑弥呼の靴を履くと思わず胸を張って歩きたくなる。
そんな靴を提供している事が
私たちのプライド(誇り)です。
お客様満足のために努力を惜しまず、成長を続けていきたいという意欲のある方を募集します。

ENTRY

エントリーはこちら

  • 卑弥呼の
    想い
  • 卑弥呼の
    魅力
  • 卑弥呼が
    求める人材
理念 「人々を足元から健康に美しく」
店頭クレド 『来てくださるお客様をハッピーに!お客様に「ありがとう」と言って頂けるおもてなしをします!』店頭クレド 『来てくださるお客様をハッピーに!お客様に「ありがとう」と言って頂けるおもてなしをします!』
コンサルティング販売
卑弥呼では来店されたお客様にいきなりサイズを聞いたりすることはありません。「このサイズ出してください」とお客様に言われた靴を出して販売するのであれば自動販売機と同じです。シューズアドバイザーの価値はお客様自身が気づかない靴の魅力や足に合った靴の情報を提供し、最高の1足をお客様と一緒に見つけることにあります。

それは決して簡単なことではありませんが、毎日多くのお客様から頂く「ありがとう」の一言が、自分の仕事に誇りややりがいを持たせてくれます。
売らない勇気
卑弥呼に40年語り継がれる言葉として「売らない勇気」というものがあります。この言葉には、たとえお客様からのご要望であっても、足に合わない靴を販売せず、よりお客様に合った靴をご提案するというシューズアドバイザーの想いが込められています。目先の売上よりも本当にお客様のことを想った選択をすることが奨励される風土こそが、シューズアドバイザーの誠実な目と真実の笑顔に繋がっていると信じています。また正しいフィッティングと高い満足を提供できる「靴選びのスペシャリスト」に成長できるようシューフィッターの資格取得支援制度や社内研修を用意しています。社員の成長したいという想いを大切にしています。
アットホームな社風・フラットな組織

当社の特徴の一つとして、役職数・階層(レイヤー)が少ないことがあげられます。このメリットは、意思決定のスピードが速くなることと、従業員一人一人の仕事の裁量が広がり、若い年次より、責任のある仕事に取り組めることです。 このフラットな組織を象徴する文化として、当社では上司はもちろん、社長に対しても役職ではなく、名前(○○さん)で呼びます。また当社は、コミュニケーションを活発に取れるよう、フリーアドレスのオフィスになっております。

社内イベントは、お花見・ワイン会・懇親会などがあり、社員が部署を越えた交流が持てる機会を作っています。また、スタッフ同士のコミュニケーションの機会創出のために、社員懇親会の開催補助金を支給しています。豪華な食事をしたりと、みんなの楽しみになっています。

夢を叶えるキャリアステップ

入社後は全員が必ず販売員として店舗に配属されます。
現場の大切さを深く理解した後は、様々なキャリアに挑戦することが出来ます。また、総合職と地域限定職で職種転換をすることもでき、ライフステージの変化に合わせて働くことができます。

充実した研修制度で成長をサポート

当社の研修は内定者からスタートし、階層別やテーマ別に様々な研修を受けることができます。
商品知識、フィッティング、チームビルディングなど受講者のレベルに応じたプログラムで行っています。
研修に対する従業員満足度は非常に高く、知識の習得にとどまらず、モチベーションアップに繋がっています。

有給取得

・1日、半日、1時間単位(最大5日分)で取得することができます。
・有給取得率 93%(2016年度実績)

福利厚生

・社員割引購入制度

・福利厚生サービス
ホテルやレンタカー、映画チケットなどがお得に利用できるサービスを導入しています。

・シューフィッター資格支援制度
当社では「シューフィッター」の資格取得支援制度を用意しています。シューフィッターになるためには、3年以上の実務経験と、「足と靴と健康協議会(略称FHA)」が養成・認定しているシューフィッターの資格が必要です。シューフィッターとは、お客様の健康管理の一翼を担うとの自覚に立って、足に関する基礎知識と靴合わせの技能を習得し、足の疾病予防の観点から正しく合った靴を販売するシューフィッティングの専門家のことです。

女性が長く活躍できるサポート体制・育児との両立を支援する制度

婦人靴を扱う当社は女性社員が多く活躍しています。当社では女性社員のほとんどが結婚しても仕事を続けています。結婚や育児などライフステージの変更を機に総合職から地域限定職に転換することもできます。

〈 男女比 〉

女性社員80% 男性社員20%

・短時間勤務制度
最長で子どもが小学校3年生になるまで「短時間勤務制度」を利用し、勤務時間を短くして、仕事と家庭を両立することも可能です。2017年8月現在、短時間勤務制度を利用している社員は31人います。

〈 女性社員内、時短社員比率 〉

フルタイム社員78% 時短社員22%

・育児休暇制度
産前産後休暇は法定通り取れます。 もちろん育児休暇も出産から約1年取れます。1年後に保育園が見つからない場合はさらに1年延長し、最大2年の育児休暇取得することができます。何より、女性が多い職場のため、育児をしながら働くことに対するサポートが得やすい環境にあることが特徴的です。

・ワーキングマザー座談会
ママ社員を集め、座談会を行い、育児をしながら働くママの声を聞いて、もっと女性が長く活躍できる会社にしていこうと取り組んでいます。

大きな志
多くの人と協力して感動をわかちあう仕事がしたい方

『靴』を通じて、誰かの人生、社会に影響を与えたい!世界の価値観を変えたい!など大きな志を持っている方を求めています。

チャレンジ精神
明確な目標を立てて、達成に向けた努力ができる方
困難な状況にも知恵を絞って乗り越えられる方

「自分以外は全てお客様である」との考え方に立ち、常にアンテナを張り、現状すでに満足されているお客様にでさえ、もっと何かできないかと最高のサービスを追求することを大切にしています。自ら高い目標を設定し、その目標をクリアするために知恵を絞り、常に挑戦できる方を求めています。

コミュニケーション力
相手の話から本質を読み取り、課題解決の方法を考えられる方

『接客』は、欲しいと言われた商品を言われるままに提供する仕事ではありません。お客様の声を聴き、寄り添い、足とライフスタイルに合う靴をご提案します。

VOICE

先輩社員の声

  • 齊田 彩希

    西武池袋本店 店長
    自分たちが販売している商品は最高の商品であるという誇りを持って仕事をしています。元々、卑弥呼ブランドが大好きで入社をしたので、その気持ちはかなり強いです。
    販売員が自社の商品を一番良いと思わなければ、その思いはお客様に伝わることはないと思います。実際、接客をさせていただいてお客様から「卑弥呼の靴が好きな気持ちが伝わってくる」と仰っていただいたこともあり、それは最高の褒め言葉だと思います。これからも自社の商品の良さを少しでもお客様にお伝えできるよう勉強をしていきたいと思っています。
  • 藤田 美沙

    店舗販売グループ スーパーバイザー
    店舗と本社の架け橋のような存在です。複数の担当店を定期的に巡回しながら店舗スタッフと密にコミュニケーションをとり売上や 教育、レイアウトなど店長やスタッフの指導も行います。
    一番は担当店舗が予算を達成した時です。また、店長と施策を考えうまくいった時や、商品について意見を求められ採用された時などにやりがいを感じます。
  • 能城 愛子

    MD推進グループ リーダー・マーチャンダイザー
    市場のトレンドから流れを予測し、商品計画を立て企画にデザインを依頼します。
    でき上がった商品の売上予測をし、発注量を決定します。
    自分が思っていた以上の商品ができたとき、MD計画があたり商品やアイテムがヒットしたときにやりがいを感じます。何より企画と共に創り上げた商品を街で履いている人を見かけたときが一番のやりがいです。
    カワイイ靴を作って売れる(お客様に評価される)ことが楽しいです。
  • 沖野 辰彦

    店舗販売グループ スーパーバイザー
    店舗の売上を向上させるため、取引先との商談や、競合ブランドの情報収集を行い、ショップの店長および販売スタッフの指導も行っています。やりがいを感じるのは、スタッフの成長を感じた時です。
    異動した後に、お客様から「沖野さんはいなくなってしまったの?」というお言葉をいただけたことが嬉しかったことです。お客様との信頼関係を築くことができていたのだなと実感することができたと共に、今後ももっとお客様に感動を与えられることができる販売員でいようと思いました。
ENTRY

エントリーはこちら